【マンゴー】の出荷作業が本格化してまいりました!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとしです。

2016年(平成28年度)のマンゴーの出荷は、7月20日に1kg箱1個を梱包するという形でスタートしましたが、ようやく収穫数量もあがってきまして出荷作業も本格化してまいりました!

スポンサーリンク

今期のマンゴー出荷数量の推移

まずは、今期の出荷数量の推移について見てみましょう。

7月22日の出荷量です。


7月22日の出荷量
“7月22日の出荷量”

まだまだ、1kg箱×2という合計2kgしか出荷できないくらいの収穫しかなかったのです。
 

それが、5日間が経過した、7月27日の出荷量は、このようになりました。


7月27日の出荷量
“7月27日の出荷量”

1kg箱×6と7月22日の頃と比べると3倍になってはいますが、まだまだ心もとない感じですね。
 

それが、7月31日になると、こんなにも収穫量が増えてまいりました。


7月31日の出荷量
“7月31日の出荷量”

 

左から、2kg箱×2、1kg箱×4、6kg箱×2で、合計20kgの出荷です。
こうなってくると、ご予約頂いていたお客様への配送もどんどんさばけるので、おもしろくなってくるのですよね。

早々から、ご予約頂いていたお客様、もうそろそろお客様の番でございます。
もうしばらくお待ち下さいますよう、よろしくお願い致します。

やっぱり不合品もあるわけで…

出荷にともない果実の選別作業も行なっているわけですが、やはり発生してしまうのが、「不合品」であります。
この不合品ですが、さすがに私が全て食べるわけにはいきませんからね。

ご近所さんや、お付き合いのある方にさし上げているのですが、中々それでは、数も減りません。

そこで今年は、収穫作業前から研究を重ねてきた「ドライマンゴー作り」も本格稼働中であります。


ドライマンゴーを作っている様子
“ドライマンゴーを作っている様子”

 

この「ドライマンゴー」ですがね、本気でヤバイくらいに美味いです!
知人・友人にできたものをサンプルとして試食して貰っているのですが、まず不味いという言葉は、帰ってきません

必ずといっていいほど、「美味しい!!」とにっこりとした笑顔でコメントを頂くことができています。

国産の完熟マンゴーをドライマンゴーにしているという贅沢ぶりですから、美味しいのが当たり前なんですけどね^^

ここまで好評だと、来期あたりから販売も視野にいれて準備したいと考えているほどです。

ドライマンゴー作りに関しては、こちらの記事で紹介しています。
あわせてご覧ください。

 

 

本日のまとめ

今年度の出荷最終日は、8月11日から8月13日のいずれかにしたいと作業を進めてきましたが、やはり開花が昨年よりも2週間遅かったですからね、今期もその翌週のお盆明けまで引きずってしまいそうな気配となってきています。

これは、早々に収穫作業を終了し「夏季剪定」を施すことで、来期の開花や出荷を早めることができるので、もの凄く大切な計画になってくるのですが、いかんせん大量のマンゴーが樹にさがっている中で、「夏季剪定」を施すわけにいきませんから、頭の痛い問題となってきているところです。

マンゴーの日々の収穫には、現在の天候も大きく影響しています。
曇天が続けば、それだけ果実の積算温度の積み上げに時間がかかり収穫が遅れますし、晴天日が続けばドンドンと収穫量は、増えてきます。

現在の私は、「晴れろ〜!晴れろ〜!」と祈る毎日であります^^

まだまだ、ご注文を受け付けています。
南国の香り「徳之島産完熟マンゴー」は、いかがでしょうか?

花徳マンゴー_注文アイコン


 

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~

スポンサーリンク