みかんが着果するまでの様子を観察してみた!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとしです。

皆さんは、みかんが花のどの部分に着果結実するか、ご存知ですか?
以前から気になっていましたので、今回調べてみました。
本日のブログは、みかんが花のどの部分に着果結実するのか紹介したいと思います。


 

 

みかんはこのように着果結実するよね!

みかんを育てたことがない方は、どのようにみかんが着果結実するのか見たことがないと思います。

まずは、着果結実した直後のみかんの様子を見てみましょう。

みかんが着果した直後の様子

小さな小さな果実の中央部には、まだ花の「シベ」が残っている状態のものです。これが、肥大していき果実になっていきわけです。

「シベ」が果実の中央部にあるわけですから、花のどの部分にあったかは、だいたいの想像ができますよね。

本日のブログでは、これを調べて見たいと思いますよ!

みかんが着果した直後の様子

まずは、今回のみかんの着果に際して、調べた樹の全景を見てみることにしましょう。

着果した直後のみかんの樹の全景

こちらの樹に着果した直後のものがあります。

これを近づいて見てみることにします。

みかんの花びらと果実

花びらが、枯れ始めている部分の中心部に注目です。

「シベ」の根元には、先程見た果実の部分が見えますよね。

ここから次第に、花びらは、完全に枯れ落ちなくなっていきながら、果実は、肥大に向かっていきます。

花びらが落ちてすぐのものが、こちらとなります。

着果した直後のみかんの果実

実に可愛らしい、小さな果実となっていますよ。

最後に、現在の中で、成長の早いものを撮影したものを紹介したいと思います。

みかんが着果から数日経過した様子

下の段の果実は、すでに「シベ」の部分も落ちてしまっていますよね。

こうなってくると、みかんの形に随分と近いものとなっていますし、果皮の表面もよく目にする、小さな凹凸があるものとなっていますよ。

本日のまとめ

今期の、我が農園での柑橘類は、実生苗で育てている「島みかん」は、まだまだ樹の成長段階ですから、着果を確認できておりませんが、他の「はれひめ」や「由良早生みかん」などは、このように着果を確認できています。

今期は、収穫物にみかんも加わってくれそうなので、とても楽しみにしているところです。

しかしながら、ここからの肥大について不安なところもあります。

それと申しますのも、柑橘類に関しては、「ずぶの素人」である私には、ここから摘果していくべき果実の判断がつきません。

そこで摘果について、簡単に調べたところ、

荒摘果は、横径2.8cm~3.8cmくらいの実を残し、葉10~15枚に1果の割合になるように摘果します。

という文章も見付けました。

マンゴーだと、肥大の為の栄養素をまわすために、早めの摘果を心掛けますが、みかんだと、3cmぐらいの果実になるまで、肥大させてから摘果を始めるようです。

もうしばらく様子を見てから、摘果作業を行ないたいと思いますよ。3cmぐらいまでになるのには、梅雨が明ける頃になるのか?と考えています。

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~