レモンの花が綺麗に咲き始めたよ!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとしです。

いやぁ〜!春ですね〜!
我が農園では、マンゴー・アボカド・すもも・ブルーベリーと開花を紹介してきていますが、ついにレモンも開花しましたので、その様子を紹介したいと思います。


 

 

現在のレモンの全景を見てみよう!

まずは、レモンの全景を見てみることにしましょう。

2016年3月現在のレモンの様子

レモンの樹は、平成23年の夏に背丈20cm程の苗を購入して植えたものです。

そんな小さな苗木でしたが、今では、私の腰高くらいの高さまで成長しています。

背景に見える青色の防風ネットは、昨年の平成27年の6月に設置しましたので、それまでは、台風が来る度に葉を痛みつけられ、思うように育てることが出来なかった樹となっています。

そんな環境が良くなくても、ここまで成長してくれたことも嬉しいですし、3度目の着果に向けて、このように蕾をたくさんつけ、花を咲かせてくれたことは、嬉しく感じていますよ。

レモンの可愛らしい花を見てみよう!

果実の花を観察するのが、大好きな私ですが、柑橘類の中でも、このレモンの花は、紫色が混じり、とてもかわいらしいので、好きな花の1つとなっています。

こちらがレモンの花です!

ここぞとばかりに、ここ最近のお気に入りである、「Nikon AF-S Micro 60mm f/2.8G ED」というマクロレンズを使用して、接写した写真となっています。

マクロレンズで撮影したレモンの花-1

マクロレンズで撮影したレモンの花-2

マクロレンズで撮影したレモンの花-3

マクロレンズで、思いっきり寄って撮影すると、このように花の「しべ」の部分も大きく写しだすことが、可能となります。

とても面白いと思いませんか?

私は、植物の細部までじっくりと見ることが出来るので、詳しく観察したい時は、必ずマクロレンズで撮影するようにしていますよ。

受粉も安心できるかも!?

ここ最近の「徳之島」は、気温もグングン上昇中です。

よって、花を観察していると、花の近くで動き回る昆虫も確認することができますよ!

レモンの花に近づいている昆虫

赤い矢印をつけた部分になりやら写り込んでいますよね。

私も、この写真を撮影後に、この昆虫に気づいたので、この写真では、花のしべにピントが合っていますが、今度は、昆虫にピントを合わせたものです。

レモンの花の蜜も昆虫には、おいしいのかな?
詳しく観察していると、あちらこちらで昆虫が、花の周辺で動き回っているのを確認できました。

他にも、ビニールハウスから脱走したミツバチも隣に植えているアボカドの周辺で飛び回っているのを確認しましたし、この分だと上手く受粉してくれるのではないかと予想しています。

本日のまとめ

3月も終わりに近づいてくると、全国的にもポカポカと暖かい日があるのでは、ないでしょうか。

春らしい天気と全国ニュースでは、桜の開花宣言などが流れています。

なんだか顔がほころびっぱなしの毎日でありますよ^^

しかし、ここで油断しているわけにはいきません。

昨年は、ピンポン球のような果実しか収穫できなかったレモンの樹ですからね。しっかりと摘果作業などもほどこして、果実の肥大を狙う年としたいものですよ。

本日のブログに関連したピックアップ記事は、こちらです。
合わせて読んで頂けると嬉しいです^^

 

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~