【星空撮影】雲の合間から星空を撮影してみた!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとし( @kedokumango )です。

ここのところ天候不良の続く「徳之島」です。ずっと、星空を撮影したいと考えているのですが、朝のビニールハウスの見回り時間には、曇り空ばかりで、どうも星が顔を覗かせてくれません。

しかし、11月14日の早朝には、一瞬だけ星空が顔をだしてくれましたので、その時にチャレンジしたものを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

焦る!焦る!

いつもどおりに雲の多い空だったのですが、少し風が強く吹いていたこともあって、雲が流れていくことに気付きました。

すると、オリオン座の方向に少しだけ星空が顔を覗かせ始めたのです。

そこからの準備というと、雲が流れてくると再度の撮影チャンスは、ないでしょうし、三脚を車からおろしセットするのも、本当に「急げ!急げ!」と焦ってしまいました。

ちなみに私が、車に常時積んでいる三脚というのが、古いタイプのやつで、蝶ネジを閉め込んで足を固定するタイプなのです。

ですから、最近の三脚と比べると、三脚のセットにも時間が結構かかってしまってしまいました。

三脚のセットを終えると、今度は、Ricoh GR2にソフトフォーカスフィルターを装着する為にフードアダプターもセットします。この時も、あまりに焦ってしまい、一度は、ソフトフィルターを地面に落としてしまった程でした。

幸いにも、ソフトフィルターに傷が入ることもなかったので、良かったのですが・・・

 

焦りの中で撮影した星空

雲が流れる中で、焦りながらも撮影した星空がこちらです!

焦りながら撮影した星空-1

焦りながら撮影した星空-2

オリオン座は、はっきりと確認することができるのですが、下方の方で、流れてしまった雲が残念な1枚となってしまいましたよ。

今回も、コンデジのRicoh GR2+ソフトフィルターでの撮影でしたが、Ricoh GR2での星空撮影にかなりの手応えを感じていますね。

 

星空撮影で他にも試してみたいことがある!

Ricoh GR2に初めてソフトフィルターを装着して撮影してからというものやってみたいことがあります。

それは、こちらのレンズにソフトフィルターを装着して撮影してみたいのです。

Nikon AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G ED-写真

こちらのレンズは、私が所有している一番広角域のレンズである、Nikon AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G EDです。

こちらのレンズは、フィルター径が77mmとなっていまして、まだソフトフィルターの持ち合わせがありません。こちらに装着できるソフトフィルターを購入して、18mmという広角域で星空撮影にチャレンジしてみたいと考えていますよ。

ただし、こちらのレンズは、屋外での風景撮影用に購入したので、f値が3.5スタートとなっているんですよね。そのf3.5という数値が、星空撮影には、難しいか?とも感じているところですが、一度実験してみたいと思っていますよ。

今度、撮影にチャレンジすることができたら、再度紹介したいと思います。

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~

スポンサーリンク