【鹿児島温泉】夕日を眺めながら温泉を楽しめる[OceanResortえぐち家]に行ってきた!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
鹿児島県出身 「徳之島ブロガー」のとし( @kedokumango )です。

鹿児島県日置市には、かねては国民宿舎として繁盛し、現在は結婚式場なども備えた施設として生まれた変わったホテル「オーシャンリゾートえぐち家」が料理も美味しく温泉も楽しむことができると知人より紹介を受けましたので行ってまいりました。
本日のブログでは、そんな「オーシャンリゾートえぐち家」について紹介したいと思います。


 

 

えぐち家の外観などについて

「オーシャンリゾートえぐち家」ですが、鹿児島県日置市の東市来町に位置しています。

鹿児島市からですと、レンタカーでも高速道路を利用すると30分ほどの位置となりますので、鹿児島市からもお気軽に訪れる場所にありますよ。

グーグルマップでの位置を貼っておきます。

私は、レンタカーを利用してホテルを訪れましたが、入口には、このような標識が出ているので簡単に見つけることが出来ました。

また、田舎の方になるとレンタカーのカーナビだと上手くホテルに到着できないこともあるのですが、ちゃんとカーナビでも現地まで案内してくれましたよ。


えぐち家の入口
“えぐち家の入口”

こちらのホテルですが、結婚式場も兼ねているからでしょうか。

窓を大きくとった建物となっていまして、とても開放的な建物となっていました。


開放的な建物
“開放的な建物”

夕暮れ時にこのようなところに腰をおろして、ゆっくりと時間を過ごすのも良いのでしょうね。

 

そして、こちらのホテルですが、駐車場の敷地も大きくとられていましたので、駐車スペースの心配をすることもなさそうです。


大きな駐車場も完備
“大きな駐車場も完備”

結婚式のときは、たくさんのお客様もいらっしゃるでしょうし、そういったことにも対応できるようにしているのでしょうね。

ホテルの部屋について

今回、私は見晴らしの良い部屋に泊まりたかったこともあり、4階のお部屋を予約しました。

こちらが私が宿泊した部屋の様子となります。


お部屋の様子
“お部屋の様子”

オシャレなお部屋にロータイプのベットが置かれており、清潔感もあって素敵なお部屋でした。

ちょっと気になったのですが、ロータイプのベットだと年配の方だと立ち上がるときに苦労するか?という点でしたかね。

それ以外は、備え付けられている備品など、とても満足できるものとなっていました。

また、お部屋の内風呂なんですが、こちらは壁がガラスになっており、お風呂に入りながら外を眺めることができるようになっていました。


内風呂から見える外の風景
“内風呂から見える外の風景”

大浴場に行くことができないような脚の悪いかたでも景色を楽しみながらお風呂へ入れるようにという心遣いだと思うのですが、素晴らしいと感じましたよ。

お部屋からの眺めが絶景なのだ!

こちらの「オーシャンリゾートえぐち家」は、九州本土の西側に位置しています。

西側といったら「夕陽」ですよね!

お部屋から夕陽が綺麗に海に沈んでいくようすを眺めることが出来ましたよ。


お部屋から見る夕陽_1
“お部屋から見る夕陽_1”

空が赤く染まっていく様子を眺めながら、のんびりと出来るのですから本当に幸せですよね。


お部屋から見る夕陽_2
“お部屋から見る夕陽_2”

ほっこりとした気分になれた時間でした。

えぐち家は温泉も最高だった!

今回紹介している「えぐち家」の温泉なんですが、ホテルの建物とは別に温泉の建物がある造りとなっていました。

また、こちらの温泉は、宿泊客以外の方も利用できるようになっていました。

こちらが温泉の受付です。


温泉施設の受付
“温泉施設の受付”

写真には写っていませんが、こちらの受付の反対側には、温泉につきものの牛乳などの自動販売機が並んでいました。

 

温泉の脱衣所ですが、個人用にカゴが置かれているスタイルとなっていましたよ。


脱衣所の様子
“脱衣所の様子”

宿泊客の場合は、ここで衣服を脱ぐだけで良いのですが、温泉利用の方だとそうは行きませんよね。

そのあたりも心配無用でして優良ですが、コインロッカーも準備されていました。


脱衣所に設けられたロッカー
“脱衣所に設けられたロッカー”

こういった設備が準備されていると安心ですよね。

 

脱衣所に他に備えられているというのは、ドライヤーくらいのものでした。


脱衣所のドライヤー
“脱衣所のドライヤー”

温泉などでは乳液やクシなども準備されているところが多いですが、そういったものは一つもない感じです。

ドライヤーの他には、綿棒があったくらいですね。


脱衣所内の様子
“脱衣所内の様子”

スッキリとした感じで私はこういった感じが好きでしたね。

 

それでは温泉内部の様子を見てみましょう。

体を洗うシャワーと大きな湯船が2つある造りとなっていました。


温泉の様子
“温泉の様子”

シャワーの方ですが、水圧が弱かったのが気になりましたが、それ以外は隅の方も清掃が行き届いていて、気持ちよく入浴することが出来ました。

 

浴室の外には、露天風呂もありました。


露天風呂とジャグジー
“露天風呂とジャグジー”

この露天風呂やジャグジーに浸かりながら、上記で紹介したような夕陽を眺めると最高でしょうね。

他にも、「えぐち家」のお風呂には「サウナ」がありました!!

私、週に2回はサウナに通うサウナ好きでして、温泉にサウナがあると、とっても嬉しくなっちゃいましたよ。


施設内のサウナ
“施設内のサウナ”

こちらのサウナですが、テレビとかそういったものは設置されていません。

私が行ったときはクラシック音楽が流れていましたが、音楽を聞きながらサウナを楽しむスタイルのようです。

若干、温度の低めと感じましたが、温泉で体をあたためてからサウナを楽しんだので、十二分に満足することが出来ましたよ。

「えぐち家」は食事も最高だった!

こういった宿泊施設を利用するとお食事も楽しみですよね。

今回の宿泊では、夕食と朝食もホテルで楽しまさせて頂きました。

えぐち家での夕食

夕食は、建物1階に設けられたレストランで頂くスタイルとなっていまして、お部屋からそちらへ移動しての食事となりました。

建物内部では、ホテルで準備されたお部屋着のまま利用してもよいとなっていましたので、風呂上がりでのほほんとしたまま食事を楽しむことが出来ました。

えぐち家では「イタリアン」などの洋食も楽しむことができるようですが、今回の夕食は懐石料理となっていました。


夕食での懐石料理
“夕食での懐石料理”

お品書きを見ながら、色とりどりの料理を楽しみましたが、美味しく頂くことができました。


手の込んだ料理の数々
“手の込んだ料理の数々”

その中でもこちのでも味噌田楽が、とってもジューシーで印象的でした。


とても美味しかった味噌田楽
“とても美味しかった味噌田楽”

また訪れてぜひとも食べたい逸品でしたよ。

えぐち家の朝食

夕食で満足できると、今度は、余計に朝食が楽しみになってくるのですが、海の近い「えぐち家」の朝食は、和食好きの私にはとっても満足出来るものでした。

こちらが「えぐち家」での朝食となります。


えぐち家の朝食
“えぐち家の朝食”

最近のホテルの朝食は、バイキングが多い中、こういったスタイルの朝食は、落ち着いて食べることができるので、ゆっくりできて良いですね。

朝食のメニューの紹介のときに説明を受けたのが、この「しらす」なんですが、こちらの「しらす」をご飯にのせて頂く「しらす丼」がまた美味しかったです。


えぐち家のしらす
“えぐち家のしらす”

こちらのしらすをご飯にのせて、半熟卵をトッピングしたら、甘口に味付けされたタレを掛けます。

すると、「しらす丼」の完成です。


美味しかったしらす丼
“美味しかったしらす丼”

半熟卵の黄身としらすの塩味とご飯、そこへ特製のタレが絡むと幸せな味わいとなっていましたよ。

本日のまとめ

今回、紹介したもの以外にもテラス席の隅の方には、バーベキューコンロも数台おいてありましたし、夏にはバーベーキューなども楽しむことができるサービスがあるのではないでしょうか。

今回は、家族で利用したのですが、父親は、なんでも「えぐち家」が国民宿舎だった時代に利用したことがあるそう。

当時の話しを聞くことができましたし、家族連れで利用してみると、そういったアットホーム的な楽しみもありそうな施設となっていましたよ。

家族で利用しても良いですし、仲間同士でワイワイと宿泊しても楽しいでしょう。

「オーシャンリゾートえぐち家」は、そんなホテルとなっていましたよ。

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~