鹿児島県の串木野にあるJAZZ喫茶「パラゴン」で美味しい珈琲を楽しんできたよ!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
鹿児島県出身 「徳之島ブロガー」のとし( @kedokumango )です。

鹿児島県の串木野市にある「パラゴン」というJAZZ喫茶のかき氷が超絶に美味しいという情報を手に入れたので2017年10月上旬に訪ねてみました。

本日のブログでは、そのJAZZ喫茶「パラゴン」について紹介したいと思います。


 

 

「パラゴン」はオシャレな外観だぞ!

今回、串木野市「パラゴン」への移動は、車を利用したのですが、行く途中では、たくさんの喫茶店を目にすることが出来ました。

この喫茶店が多いことには、なんでも串木野市は、遠洋漁業で栄えた町でして、その漁船の乗組員たちが海外から、その習慣などを持ち帰ったものだそうです。

町の建物も舶来を意識したというのでしょうか。雰囲気のある建物が多かったことから、「なるほど!」と納得する部分が大きかったです。

それでは、JAZZ喫茶「パラゴン」の外観を見てみましょう。

こちらが「パラゴン」の外観となります。


パラゴンの外観
“パラゴンの外観”

植物が壁を這うように植生し、おしゃれな感じがしますよね。

なお、こちらの建物の前には、車が4~5台ほど停められる駐車場がありましたよ。

 

建物の入口付近の様子についても見てみましょう。


パラゴンの入口付近の様子
“パラゴンの入口付近の様子”

こちらも、レンガ造りの建物に植物が生え、またお店の書体も趣のある感じで良い雰囲気のお店だと感じました。

「パラゴン」は素敵なこだわりでいっぱいだよ!

今回、「パラゴン」での一番の目的は、「かき氷」だったのですが、訪れたのは10月上旬です。

考えてみればわかることですが、かき氷は8月下旬までの商品だという説明を受けました。

しかし、店舗内に入ったときから、上質な音のJAZZが流れており、ここはゆっくりと珈琲を楽しむのも良いかと思いましたね。

なお、JAZZ喫茶では、純粋にJAZZを楽しみに来ているお客さんもいるということで、注文以外では静かにすることがマナーだと言われています。

本来でしたら、カメラでバシバシ写真も撮るところなのですが、今回はスマホで静かに写真を撮りましたよ。

そんな「パラゴン」ですが、お店で流れるJAZZやスピーカーへのこだわりも当然なのですが、珈琲やその周辺のものにもこだわりを感じることが出来ました。

皆さんは、喫茶店のクリームというとどういったものを思い浮かべますか?

きっと既製品の小さなカップに入ったクリームなどを思い浮かべるのではないでしょうか。

これが「パラゴン」だとこうなります。


パラゴンのクリーム
“パラゴンのクリーム”

こちらは、アイスコーヒーを注文したときにのみ出されるそうなのですが、こちらが楽しみにで「パラゴン」を訪れたときにはアイスコーヒーを注文するという方もいらっしゃるそうですよ。

私が訪れたときもお店のなかは、お客さんがたくさんいらっしゃいましたし、こういったこだわりが人気の秘密でもあるのでしょうね。

パラゴンで注文したケーキ

「パラゴン」では、コーヒーのお供としてパウンドケーキも注文してみました。

一切れのパウンドケーキが運ばれてきたのですが、こちらを食べて見てから「あっ!」と気付く場面もありましたよ。


パラゴンで注文したケーキ
“パラゴンで注文したケーキ”

しっとりとした食感で甘すぎずに上品なパウンドケーキは、あっという間に食べてしまったわけですが、食べ終わったあとのお皿を見て、これに気づいたわけです。

ケーキのお皿もちゃんと「パラゴン」を主張していたのです。


パラゴンのケーキ皿
“パラゴンのケーキ皿”

お皿の懐かしいレコードプレーヤーと「Paragon」の文字に、おしゃれだと感じましたし、個人的にこういったこだわりは大好きなので良いお店だと感じました。

本日のまとめ

今回訪れたJAZZ喫茶「パラゴン」ですが、ぜひともまた訪れたい!そう感じさせてくれる喫茶店でした。

今回、期待していた「かき氷」を食べることが出来なかったというのも大きいのですが、お店の落ち着いた雰囲気と美味しいコーヒーだけでも、また訪ねたいと思いましたね。

こちらに食べログのリンクを貼っておきます。

関連ランキング:喫茶店 | 串木野駅

今回訪れた「パラゴン」なのですが、唯一残念な点もありました。

それは「タバコ」です。

コーヒーとタバコの相性が良いのはわかりますが、珈琲の良い香りを楽しむのにタバコの強烈な匂いが邪魔をしていると感じましたよ。

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~