【徳之島】で駐車場やお庭の整備を考えなら舗装工事のパイオニア[株式会社芝建設]におまかせ!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
鹿児島県出身 「徳之島ブロガー」のとし( @kedokumango )です。

私は、建設業兼農業という兼業農家として生計を立てていますが、今回、自宅前の空き地を駐車場として整備することにしました。
依頼した建設会社は、もちろん自身の勤める「株式会社 芝建設」なわけですが、「株式会社 芝建設」といえば、徳之島では舗装工事のパイオニア的存在です。
そんな「芝建設」が施工した駐車場を紹介しながら、徳之島で舗装工事を依頼するなら「芝建設だ!」というところを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

駐車場として整備する場所について

今回、駐車場として整備する場所ですが、下の写真の石垣から手前が自宅で、石垣から奥の方が、今回の施工の対象の空き地となります。

この空き地は、家主が都会に引き上げてから、数年が経過し、かつての庭木は、繁り放題、かつ雑草も生え放題で、このようになったわけです。


工事の対象となる空き地
“工事前の空き地”

徳之島といったら、草木が多くしげるところでは、猛毒をもつ「ハブ」に気をつけなければなりません。

身近にこういう場所があることは、とても危険ですし、雑木の枯葉が、風などで隣地に飛んでいって、周囲の方へ迷惑をかけるものなのです。


空き地の雑木
“雑木の様子”

よって、今回の作業の内容ですが、まずこの雑木の伐採を行なうとともに、隣地の境界をしっかりとわけ、そしてこの土地を駐車場として利用できるようにアスファルト舗装をすることにしました。

駐車場としての利用でしたら、砂利を敷き均した、砂利舗装でも良いと思うでしょうが、砂利舗装は草も生えてきますし、降雨量の多い時は、不陸ができてしまったり、メンテナンスに手間のかかるものです。

そこで、メンテンナンスフリーとなるようにアスファルト舗装をすることにしました。

おもむきある石垣が魅力だ!

さて、今回の工事で一番の問題がこの石垣となります。

珊瑚を積み重ねた石垣となるのですが、徳之島でも殆ど見掛けることのなくなった石垣です。

現在の徳之島は、奄美群島世界自然遺産登録の候補地としても挙げられるような土地ですし、このようなおもむきある石垣は、珍しいとも言えるのです。


着手前の石垣_1
“着手前の石垣_1”

ただし、この石垣ですが、今後の大きな地震に耐えられるような保証は、全くありませんし、石垣と自宅の間の道路は、車が1台やっと通るような大きさで、余裕がありません。


着手前の石垣_2
“着手前の石垣_2”

生活の利便性の向上と、万が一のときに救急車両の通行を可能にしておく必要があったのです。

庭の整備などでも「株式会社 芝建設」をおすすめする理由

ここで、庭や駐車場の整備のときになぜ「株式会社 芝建設」がおすすめなのか、まとめてみましょう。

鹿児島県では、建設業者にランク付けというものを行なっています。

このランクは、A,B,C,Dクラスと分けられており、Aクラスが上位となります。

なお、このランクによって請負金額の範囲が定められており、ランクが高いほど、金額の大きい工事を受注することが可能となっています。

よって、このランクが上位であれば、公の機関からも認められている企業ということになるのです。

 

このランク付けですが、鹿児島県は、2年毎の更新となっておりまして、平成29・30年度のランクは、2017年4月に公表されたばかりとなっています。

そちらのランク表から「芝建設」の欄を抜粋したものを見てみましょう。


鹿児島県での芝建設の格付
“芝建設の格付”

上記の資料を見てわかるように、駐車場の整備の為に必要な「土木」の資格要件や、舗装工事の資格についても「Aランク」の格付けとなっているのです。

公の機関が認めてくださっているわけですから、安心ですよね。

また、駐車場の舗装工事となるとアスファルト舗装が多くなりますが、この「アスファルト混合物」の製造工場は、徳之島で3社しか保有しておりません。

「芝建設」は、そのうちの1社なんですよ。

自社のアスファルト工場で、しっかりと管理された品質の良いアスファルトで施工するのですから、これも安心に繋がる理由の一つだと言えますよ。

芝建設が計画を立て舗装工事するとこうなる!

さて、石垣を可能であれば残したいという気持ちを持ちながら始まった、今回の駐車場舗装工事ですが、「芝建設」が手がけるとこうなりました。

石垣は、コンクリートで補強され、かつ駐車するときの目安ともなっています。

これこそ、既存の構造物を利用した「創意工夫」のある施工と言えますよ。


石垣を残した舗装工事
“工事完了後”

あれだけ雑木で覆い茂っていた場所も、すっきりとなり、気持ちの良い景観となりました。

隣地との境界もきっちりとブロック積で整備しました!

さて、隣地との境界についてですが、隣の地主さんにも現地を確認して頂きながら、土地の境界がわかりやすいようにブロックを積ませて頂きました。


芝建設が施工したブロック積工
“駐車場とブロック積み”

ブロックの通りも良好ですし、こうやって見ると気持ちの良い仕上がりです。

本日のまとめ

駐車場舗装工事の難しいところは、いかに路面に水をたまらないように施工するかというところにあるのですが、その点もしっかりと勾配を考慮して施工されていますので、降雨の際に水がたまるという問題も発生しておりません。

今回の工事ですが、伐採→ブロック積み→アスファルト舗装と施工したわけですが、これだけの作業を行なって10日間の日数となりました。

アスファルト舗装は、施工日数を要しないのが魅力の一つですし、なにより一度、施工してしまえば、今後は、雑草などに悩まされることは、ありません。

徳之島で、庭の整備や空き地を駐車場にしたいという考えを、お持ちでしたら、「株式会社 芝建設」に相談してみてはいかがでしょうか。

グーグルマップでの芝建設の位置についてリンクを貼っておきます。

リンク先をクリックすると連絡先の電話番号も表示されます。


施工のお見積りは、無料ですし、気軽に相談してください。

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~

スポンサーリンク