アウトドア大好きな私がおすすめ【クライミングパンツ】について紹介するよ!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとし( @kedokumango )です。

アウトドア大好きな私ですが、専用品として開発された「アウトドアウェア」も機能性が良く大変気にいっており、普段の生活にも取り入れています。

本日のブログでは、そんなアウトドア大好きな私が気に入っているおすすめ「クライミングパンツ」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

THE NORTH FACEの「アルパイン ライト パンツ」が素晴らしい!

まず、運動はもちろん、部屋着としても旅行などにも対応できる「THE NORTH FACE」の「アルパイン ライト パンツ」を紹介しましょう。

こちらのモデルは、とてもスリムなモデルでして、履いたときのパンツのラインも綺麗ですし、そのスリムさから足さばきも楽で大変気に入っているパンツとなっています。

また、パンツの生地にストレッチが効いていて、膝の曲げ伸ばしにストレスを感じないことも気に入っている理由の1つとなります。


アルパイン ライト パンツ
“ALPINE LIGHT PANT”

商品の品番としては、「NT52927」として販売されているものとなるのですが、同じ生地でパンツの裾に紐が備えられた少し太めのパンツも販売されていますが、私は、このスリムなタイプのパンツが気に入っています。

 

こちらの「ALPINE LIGHT PANT」なんですが、ウエストは、押して留めるタイプのボタンと紐で固定するタイプとなっています。

ベルトをするタイプのパンツと違って、履きやすいし楽ちんなのが良いですよね。


ウエストの作り
“ウエスト部分”

このタイプのパンツでは、ウェビングベルトのタイプが多いものですが、このパンツもウェビングベルトタイプだったら、もっと素晴らしかったのに!と唯一残念なところでもあります。

まぁ、パンツのラインの綺麗さと、機能性がそんなことより勝っているので気になりませんが

 

そして足さばきの良さは、生地の肌離れが良いこともあると思うのですが、このように膝の部分にダーツが入っており、こういったところからも体にフィットしながら足さばきの良さを生み出しているのだと思います。


膝部分の作り
“膝の部分”

現在の私の1番のお気に入りのパンツでして、洗濯しては履きと休みがないくらいに履いているヘビーローテーションな1本となっています。

身長165cm、体重58kgの小柄な私ですが、Sサイズがぴったりで、股下も裾上げする必要がなかったのも気に入っている理由の1つとなっています。

私が購入したのは、ブラックですが、こんなにも素晴らしいパンツでしたら色違いで、もう1本購入しようかと検討しているところです。

 

クライミングパンツと言ったら「グラミチ」も外せない!

お次に紹介するパンツですが、これは「クライミングパンツ」の代名詞とも言える「GRAMICCI(グラミチ)」のパンツです。

正直、グラミチのパンツは、履きやすくて素晴らしいことを知っていたのですが、私が購入し始めたのは、「NN(ニューナロー)」というタイプが販売されてからとなります。

この「NN」というタイプは、従来のものと比べるとパンツがスリムに作られていて、スッキリと履くことができるのです。

このシリーズが発売されてからは、私のお気に入りに仲間入りしたパンツとなっています。


グラミチのNNパンツ
“グラミチのNNパンツ”

この「NN(ニューナロー)」というタイプの他にも「N(ナロー)」という「NN」よりは、太く、従来のモデルよりは、スリムなモデルも販売されていますが、私が気に入っているのは、「NN」となっています。

 

グラミチと言ったら、このウェビングベルトが特徴ですよね。


グラミチのウェビングベルト
“ウェビングベルト”

旅行などで飛行機での検査のときにベルトが反応してしまったことがありませんか?

私は、あれが嫌でプライベートでの旅行は、殆どの場合がこのグラミチのパンツを履くことになった理由の一つでもありますよ。

 

また、この「ガゼットクロッチ」のおかげで足を開きやすくなっているのも特徴です。


グラミチのガゼットクロッチ
“ガゼットクロッチ”

この裁断のおかげで、足が広げやすくなっているですけど「普段の生活でそんなに足を広げない!」って意見もあるでしょう。

これが履いてみたら、どんだけ快適なことかわかると思います。

 

私は、その快適さから、こんなにも本数が増えてしまったほどです。


私の所有するグラミチ
“グラミチパンツ”

1本目を試しにと購入したら、あまりにもカッコイイですし、履きやすいの色違いでこんなにも増えてしまった次第です。

このことからグラミチが好きになって、ショートパンツやクロップ丈のタイプのものも購入してしまったぐらいです。

グラミチのパンツの欠点を挙げるとするならば、コットンの配分が多い生地となっていますので、その分重量が重いというところでしょうか。

もう少し、化学繊維が混合されて生地が軽くなり、ストレッチが効く素材になってきたら、さらに素晴らしいパンツになると感じています。

 

気軽に履くなら「mont-bell」もいいよ!

私がクライミングパンツを気に入って履くようになったのは、このパンツを購入してからでした。

日本を代表するアウトドアメーカー「mont-bell(モンベル)」が販売しているサニーサイドパンツとなります。

このパンツは、とにかく軽量かつストレッチ性に優れているということでしょうか。

こちらのパンツも1本購入してから、その素晴らしさに買い増しして2本体制で履いているパンツとなります。


モンベルのサニーサイドパンツ
“サニーサイドパンツ”

私は、そのパンツ自体の軽さから旅先での部屋着としても持ち歩くことも多いですし、生地が化学繊維が多く含まれており、洗濯してからの乾きも早いことも気に入っている理由の一つとなっています。


サニーサイドパンツ
“モンベルのロゴ”

良いことづく目のモンベルのパンツなのですが、モンベルというブランドは、万人向けのデザインとなっていて、シルエットが若干ルーズとなっています。

よって、アウトドアブランドでいくと「パタゴニア」や「マムート」といった本気でアウトドアを楽しむ方が好むウェア類は、体が絞られていることから、スリムなシルエットなものが多くなっていますが、この「モンベル」の製品は、ゆったりと履くことが出来るんですね。

アウトドア入門としても最適ですし、普段着とするならば、こんなにも高性能な衣類は少ないと思います。

アウトドアウェアは、抗菌仕様のものが多いですし、私がアウトドアウェアを好んで着ているのには、そういった理由もありますよ。

 

番外編として「タクティカルパンツ」はどう!?

ここまで「クライミングパンツ」として販売されているものを中心に紹介してきましたが、「ガゼットクロッチ」が設けられており、足さばきもしやすく、ポケットも多い「タクティカルパンツ」も魅力的な製品が多くなっています。

そんな「タクティカルパンツ」の中から、私が気に入っている2本についても紹介したいと思います。

「5.11(ファイブイレブン)のパンツもおもしろい!

「5.11(ファイブイレブン)」というブランドは、私の記憶が正しければ、もともとはアウトドアウェアを作っていたブランドだったと思います。

最近では、ミリタリーウェアとして有名なブランドとなっていますが、そんな「5.11」が作るパンツも、上記で紹介してきたパンツにも負けないほど、高機能で素晴らしいものとなっています。

タクティカルパンツは、たくさんのポケットがついているので、屋外での作業では、工具などをポケットに収めることができるので、とても便利なんです。


5.11のタクティカルパンツ
“5.11のタクティカルパンツ”

こちらのパンツだとループがついているので、そこにキーチェーンのようなものも取り付ける事ができます。

 

また、クライミングパンツに見られた「ガゼットクロッチ」となっており、足さばきのしやすい作りとなっていますよ。


5.11のガゼットクロッチ
“5.11のガゼットクロッチ”

こちらの「5.11」の製品ですが、裁縫が丁寧だというのもあるのでしょうけど、ミリタリーウェアということもあり、とにかく丈夫に作られています。

私が購入してから、すでに3~4年は、経過しており、生地にあたりなどはでてきていますが、まだまだ十分に履くことができるものとなっていますよ。

 

そして何より嬉しいのがパンツ前面に設けられた、このポケットなんですが、こちらに私が愛用するiPhone6がぴったりと入るんですよー


5.11の前面ポケット
“前面ポケット”

現代社会においてスマホは、必需品ですからね。

作業時にいつも同じ場所にあると作業効率もあがりますよ!

 

またタクティカルパンツ系のものに必ず設けられているのが、サイドポケットです。


5.11のサイドポケット
“サイドポケット”

こちらのサイドポケットには、汗をふくタオルを入れたり、手袋を入れたりと大変重宝しています。

脚立の上で作業しているときなんかも、腰袋に収まりきれなかった工具を一時的に収納しておくときとかも便利ですよ。

 

そして生地の配合率がまた良いんですよー


5.11の生地の配合率
“生地の配合率”

生地の配合率は、ポリエステルが多すぎると汗を吸いませんし、コットンが多すぎると重くなってしまいます。

この「5.11」のタクティカルパンツは、ポリエステル65%、コットン35%の配合率となっているんです。

よって軽いし、適度な丈夫さも兼ね備えた生地となっているんですよ。

このあたりも気に入っている理由となっていますね。

 

HELIKON-TEX(ヘリコンテックス)もスリムでおすすめ!

上記で紹介した「5.11」のタクティカルパンツは、とても素晴らしい製品となっているのですが、一つ弱点を挙げるとするならば、パンツのラインが太いということです。

パンツのラインは、スリムな方が良いという方に、おすすめなのがこの「HELKON-TEX(ヘリコンテックス)」のタクティカルパンツとなります。


ヘリコンテックスのパンツ
“ヘリコンテックスのパンツ”

こちらのパンツも、「5.11」のパンツと同様に前面にスマホが収まるポケットもあり便利な仕様となっています。

 

そして、このパンツの最大の特徴がウエストのボタン部分ですかね。

このようにマジックテープで止める方式となっていて、これはこれで履きやすくて便利ですよ。


ヘリコンテックスのウエスト部分
“ヘリコンテックスのウエスト部分”

ヘリコンテックスのパンツも気にいっており、色違いで2本持っていますが、とても履きやすいパンツとなっています。

私は、農作業やアウトドアでガンガンと着ているのでペンキなどがついて街着に適さなくなっていますが、新品の状態だと、こちらも洗濯後の乾きが早いものとなっていますし、お洒落なカーゴパンツとして履くことも可能なのではないでしょうかね。

 

本日のまとめ

本日のブログでは、たくさんのパンツを紹介してきましたが、どれも良いところが抜き出ており、どれが1番と順位をつけることが難しくなっているパンツの数々となっています。

その中でも、この冬時期ですと気になるのが「静電気」なんですが、今回紹介したパンツの中で唯一「ノースフェイス」の製品だけが、「静電ケア設計」となっています。

静電気のピリピリは、嫌なものですからね。

あのピリピリから開放されて、おしゃれでスリム、そして楽ちんなパンツが欲しいというのであれば、「ノースフェイス」の「アルパイン ライト パンツ」で決まりでしょうね!

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク