冬場のおすすめ【防寒着】はコレだ!『レインウェア』の魅力について

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとし( @kedokumango )です。

建設業の農業の兼業農家として働く私は、屋外作業をされている方の声を良く耳にします。そんな屋外で作業をされる方が、冬場の作業に適している「防寒着」ということで雑談をしていましたので、その雑談に耳を傾けると「レインウェア」が最高だと話していました。
本日のブログでは、「防寒着」としてのレインウェアの魅力について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

屋外作業での「防寒着」の条件

ここで私の考える屋外作業での「防寒着」に対して求める事項について考えてみました。

  1. 外気をシャットアウトすること!
    屋外作業だと、風当たりが強い日もありますし、この外気を通さないということは、とても大切なことだと思います。
     

  2. 急な雨にも対応できるように雨を弾く素材で、フードがあればなお嬉しい!
    冷え込むときなどは、耳が外気にさらされると耳が痛いことがありますし、体温は、頭部から逃げていくと言われていますし、頭部を保護できる構造だと安心です。
     

  3. 防寒着といえども、素材が厚手になりすぎると動きにくい!
    防寒目的に作られたもので、腕周りとかがとても分厚いものがあります。あれだと、腕が動かしづらく作業に向いていませんし、あまりに厚手のもので作業をすると、今度は汗冷えで大変な思いをすることがありますので、厚着は避けたいところです。

と、こんな感じとなるのですが、私が毎日のように屋外作業をしている方から聞いた「レインウェア」(「雨合羽(カッパ)」とも言いますね)は、上記の条件を殆どクリアしているんですよね。

それに通常の「レインウェア」でしたら、ホームセンターなどで格安で販売されていますし、現在だとカッコいいデザインのものも沢山ありますし、そういったことを含めて考えると、屋外作業をされている方々が、「レインウェア」は、最高の防寒着だと話していたことがわかるような気がします。

 

「レインウェア」の弱点は湿度なんですよね!

上記のリストで、「汗冷え」について少しふれましたが、冬場に濡れた状態で屋外にいると、それこそ一発で風邪をひいてしまいます。

そこで、現在のアウトドア界で有名なレインウェアと言えば、「防水透湿」素材な「ゴアテックス」が浮上してくるのです。

皆さんは、「ゴアテックス」という言葉を聞いたことがありますか!?

この「ゴアテックス」という素材なんですが、外部からの水は弾き、運動などの蒸れは、通してくれるという優れものの素材なんですが、この「ゴアテックス」は、弱点があって、とても高価なんです。

そこで、私が目をつけたのが、「Columbia(コロンビア)」というアウトドアブランドの「OMNI-TECH(オムニテック)」という技術なのです。

この「オムニテック」という技術も防水透湿機能を持つ素材なんですが、「ゴアテックス」と比べると価格が良心的なんですよね。

そこで今年からの私が選んだレインウェアは、コロンビアのオムニテックとなりましたよ!

 

私が選んだ「レインウェア」!

こちらが、私が購入した「コロンビア」の「オムニテック」という技術が用いられた「PM5929」というモデルのジャケットです。

たたんで、付属の収納袋に収めるとこんなにもコンパクトになります。


レインウェアを収納した様子
“収納袋におさめたレインウェア”

私は、このコンパクトさが気に入って、旅行中のとっさの防寒着としても旅行バッグに入れるようにしていますよ。

 

こちらは、コンパクトさがわかるよに「iPhone6」を並べて撮影してみました。


iPhone6とレインウェア
“iPhone6との大きさ比較”

結構、小さく収まっていることがわかるのではないでしょうか。

 

こちらは、背ネームの感じです。


オムニテックの背ネーム
“オムニテックの背ネーム”

こういった高機能なレインウェアは、ゴワゴワしたものが多かったですが、技術開発のお陰で、とてもしなやかとなっており、とても身に着けやすいものとなっていますよ。

 

そして、左手の袖にもこのように「OMNI-TECH」のデザインがあります。


袖の部分のデザイン
“袖の部分のデザイン”

私が購入したのは、シルバーっぽい色の迷彩柄のモデルですが、なかなかおしゃれで大変気に入っています。

 

こういった形のモデルとなっていまして、丈もあまり長くなく、両サイドにポケットもあるので、そのポケットが便利ですし、羽織っていて暑く感じたときは、このポケットを開けておけば、ベンチレーション代わりに通気口となり、快適に着ることができます。

購入したのは、9月でしたが、その時期は、中にTシャツ1枚で、このジャケットを羽織ったりと、とても重宝していますね。

 

本日のまとめ

私、ゴアテックスのレインウェアも所有しています。これは、たまたまアウトドアショップで型遅れになった商品が、セールで売られていたので、儲けものと購入したものですが、そのレインウェアを購入したのは、4年ほど前のこととなっています。

そのくらいにゴアテックスのレインウェアで高機能で良いものなんですが、高価であるというのがネックなんですよね。

それが、ここに来て、アウトドアブランドの「Columbia(コロンビア)」から、このように購入しやすい価格で、高機能のレインウェアが発売されたことは、嬉しく思いますし、「これだ!!」とすぐに飛びついてしまいました。

今期、防寒ウェアとしてウインドブレーカーなどの購入を検討されている方は、一度「Columbia(コロンビア)」の「OMNI-TECH(オムニテック)」を候補の1つに入れてみては、いかがでしょうか。

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~

スポンサーリンク