【ツリートマト】イタリアンツリートマトが種まきから80日ほどで開花しました!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとし( @kedokumango )です。

2016年8月中旬頃に「イタリアンツリートマト」を種まきから開始し、露地への定植などと、あらゆる過程をへながら、育ててきましたが、種まきから80日ほどで開花しましたので、その様子を記録しておきたいと思います。


 

 

1mほどの背丈に成長した「イタリアンツリートマト」

まずは、11月中旬の「イタリアンツリートマト」の様子から見てみることにしましょう。

2つへ分けた頂部の成長がグングンと進み、今では、1mほどの高さの支柱では、長さが足らなくなってきてしまいました。


種まきから80日が経過したツリートマト
“11月中旬のツリートマト”

今まで、普通のトマトにとても似ていると思っていましたが、ここにきて葉の大きさが、通常のトマトと比べると、とても大きいと感じるようになってきました。

南国「徳之島」でも気温が下がり始めてきているので、害虫の活動が弱まってきていることから、害虫が見られないことが嬉しいところとなっています。

「トマト」と言えば、マンゴー栽培の難敵「スリップス(アザミウマ)」が発生しやすいことから、マンゴー栽培をおこなうビニールハウスの近くで栽培するのもどうか!?と思ったのですが、今のところ無事に行っているようで安心しているところです。

 

開花した「ツリートマト」の花を見てみよう!

開花した「イタリアンツリートマト」の花ですが、これは、通常のトマトと同じような花を咲かせています。

2016年11月5日のブログで、初めて栽培する植物の観察は、おもしろいと述べたばかりですが、これほど早い変化を見せる「ツリートマト」には、より一層の面白さを感じていますよ。

こちらが「イタリアンツリートマト」の花となります。


イタリアンツリートマトの花
“イタリアンツリートマトの花”

黄色くて可愛らしい小さな花ですよね。
これが無事に着果してくれることを祈るばかりです。

 

花の様子がわかりやすいように、もう少し寄って撮影したものがこちらとなります。


ツリートマトの花の接写
“ツリートマトの花の接写”

通常のトマト栽培では、完熟を迎えるために積算温度というものがあり、その積算温度に長期間かけて達した果実は、とても美味しいということで、冬のトマトが甘いという理由は、そこにあります。

今回、上手く着果したとしたら、これから冬なわけですし、美味しい果実ができるのではないかと、とても楽しみでしょうがないです。

 

次々と開花を迎えそうな気配です!

上記で紹介した「ツリートマト」の花は、1番最初に開花したもので、その後を続けと、他の木からも次々と蕾(つぼみ)が出始めています。

そんな蕾の一部を見てみましょう!


ツリートマトの蕾_1
“ツリートマトの蕾_1”

 


ツリートマトの蕾_2
“ツリートマトの蕾_2”

これから、順調に成長して、1株から30kgの収穫が可能という「イタリアンツリートマト」が満開になった様子を想像しながら、ニヤニヤとしている私がいますよ。

 

本日のまとめ

順調な成長を見せる「イタリアンツリートマト」ですが、そろそろ生育棚が必要となってきています。

生育棚についても、計画を進めていまして、現在、マンゴー栽培を行なうビニールハウスのビニールの張替えを計画していますが、その際にパイプも数本入れ替えるので、古いパイプがでてきます。

そのパイプを利用して、ツリートマト用の生育棚を設けたいと考えていますよ!

生育棚が完成したときは、また紹介したいと思います。お楽しみに!

イタリアンツリートマトの種の入手から苗の定植まで、下記の記事で紹介しています。あわせてご覧ください。

 

 

 

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~