【奄美大島観光】奄美十景の一つ「あやまる岬」からの眺めが最高です!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとし( @kedokumango )です。

奄美大島の観光でここは外せないと挙げるならば「奄美十景」の一つ、奄美市笠利町にある「あやまる岬」です。本日のブログは、「あやまる岬」からの美しい風景と見どころについて紹介したいと思います。


 

 

あやまる岬はどこにある?

「あやまる岬」ですが、奄美空港から車で15分のところにあり、飛行機の待ち時間にでも行ってこられる、アクセスの良い場所にあります。

私が訪れたときも、スーツ姿のサラリーマンの方から、島外の建設会社の名前の入った作業着を着た方、都会からの観光客といった感じの方達が観光に来ていました。

奄美空港からは、現地まで大きな案内板がでているので車で向かう際にも行きやすい場所となっていますよ。


 

海水プールが魅力です!

あやまる岬の魅力は、なんといっても「海水プール」ではないでしょうか。

私が、訪れたときも「飛行機まで時間がないよ」などと話しながらも慌てて海水プールに飛び込んでいる家族がいらっしゃいましたよ。


あやまる岬の海水プール
“あやまる岬の海水プール”

写真の中央から左下の箇所が海水プールとなっているのですが、水が透き通って綺麗ですよね。

また、訪れた当日は、風が強かったものの天候に恵まれたこともあり、空と海水の美しいブルーのコントラストに心癒されるものがありました。

海水プールの全景がわかるように撮影したものがこちらとなります。


あやまる岬の海水プール
“あやまる岬の海水プール”

このように海水プールとなっていると、潮の強い流れもありませんし、幼いお子さんを遊ばせるには、安心ですよね。

海水プールの周囲も、海の生物を観察できそうなポイントが数多くありますし、子供を連れての夏休みに訪れると良い思い出を作れること間違いなしでしょう。

公園として遊ぶ施設も充実しているぞ!

この「あやまる岬」ですが、「あやまる観光公園」となっていまして、公園の区画内では、さまざまな施設が設けられ、海以外でも楽しむことが可能となっています。


あやまる観光公園の案内板
“あやまる観光公園の案内板”

かなり広い面積の公園であることがわかりますよね。

公園といったら、こういった施設は、つきものですよね!


「あやまる観光公園」の遊具
“「あやまる観光公園」の遊具”

私が訪れたときも、小さなお子さん達が、滑り台で元気よく遊んでおりました。こんな気持ちの良い青空の下で遊ぶと、子供たちも元気で素直な子に育っていくのでしょうね。

 

他には、このようなものもありましたよ!


あやまる観光公園内のトロッコ
“あやまる観光公園内のトロッコ”

私が訪れたのが8月末の平日ということもあって稼働していなかったのですが、小さなお子さんは、こういった乗り物も喜んでくれるものですよね。

また、これだけ広い土地ですから、「グランドゴルフ」も可能となっており、元気の良いお年より達が集まって、「グランドゴルフ」を楽しんでおられました。

あやまる岬の展望台からの絶景がこれだ!

「あやまる観光公園」内には、展望台も備えられており、駐車場から3分ほど歩いたところに展望台があります。

そちらからの眺めが絶景となっておりましたのでどうぞ!!


あやまる岬の展望台からの風景
“あやまる岬の展望台からの風景”

海水がもの凄く綺麗なことがわかりますよね。

この展望台には、ベンチが準備されていたのですが、そちらのベンチの腰を掛けて読書をされている初老の方がいらっしゃいました。

私は、それを見てなんて素晴らしい時の過ごし方なのだ!と憧れるところが大きかったですね。想像してみてください。心地よい潮風を浴びながら、波の音も聞こえ、そんな静かな場所での読書。

最高ですよね〜

私もいつかそんな時間の過ごし方をしてみたいものだと強く感じましたよ。

本日のまとめ

奄美空港に近く、フライトまで少しの待ち時間があるのであれば、簡単に行くことができる、奄美市笠利町の「あやまる岬」は、下手に空港で時間を潰すよりも、充実した時間の過ごし方ができますし、満足することができます。

実際に今回紹介した写真などは、ホテルを1時間早くチェックアウトして、こちらの「あやまる観光公園」に寄ってのフライトとしました。

観光旅行の帰りにこのような素晴らしい風景を見ると「帰りたくなーい」って気持ちになってしまいますが、おすすめの旅程でないかと思いますよ。

友人などと観光旅行に訪れたときに奄美大島の最後の観光場所として選ぶのも良いでしょうね。

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~