【奄美大島観光】奄美市住用村にある「マングローブ原生林」に行ってきたよ!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとし( @kedokumango )です。

日本に住みながらマレーシアなどの東南アジアのジャングルに迷い込んだような錯覚さえ覚える、奄美大島の住用村にある「マングローブ原生林」に行ってきたので紹介したいと思います。


 

 

マングローブとは!?

私、恥ずかしながら「マングローブ」というと植物の名前だと思ってました…

このマングローブというのは、「マングローブパーク」のホームページから抜粋すると下記のようになっています。

マングローブとは熱帯・亜熱帯の河口の湿地帯や沿岸部の干潟に生育し、潮汐によってある時間冠水される湿地に生育する樹木群の総称であり、マングローブ林は多数の植物により構成されていますが、マングローブ典型種と呼ばれる樹種は日本には7種分布しており、住用町では、メヒルギ・オヒルギの2種で構成されています。

奄美群島の徳之島に住んでいながら、まさかの勘違いでお恥ずかしいばかりです。

今回、訪れた「奄美市住用村」にある「マングローブ原生林」ですが、奄美大島の中心から少し南に行った所にあります。
下記にGoogleマップで位置を示したものを貼っておきます。

奄美市の市街地である名瀬からは、車でちょうど30分ぐらいで行くことができましたよ!

県道沿いから見ることのできる「マングローブ原生林」

奄美市から車を走らせていると、「マングローブ」と書かれた看板がいくつか見えるようになってきます。

すると、道路沿いからも「マングローブ原生林」を見渡せる場所がありました。

そちらで撮影したものがこちらになります。


マングローブ原生林
“マングローブ原生林”

自然が大好きな私ですからね。ここから眺めているだけで川下りや樹の株元に行ってみたいとテンションあがりまくりでした。

そして、この場所から見学していると、もう一つ展望所があることに気付きました。


マングローブ原生林の展望台
“マングローブ原生林の展望台”

写真に赤矢印で示していますが、あの場所からですとメインの川に近いわけですし、もっと迫力のある風景を見ることができそうですよね。

そこで、あの展望台へ行ってみることにしましたよ!

色々な施設がある「マングローブパーク」のご紹介!

県道沿いの展望箇所から奄美市名瀬の方へ数百メートル戻ると、「マングローブパーク」の入り口があります。

その入り口から中へ行くと、さまざまな施設を備えた「マングローブパーク」へ行くことができます。


マングローブ館
“マングローブ館”

こちらの「マングローブパーク」では、カヌーを使用して川下りも体験できるようになっていて、今回は時間の都合から体験することができなかったのですが、いつか体験してみたいと感じるものでした。


マングローブカヌーの案内板
“マングローブカヌーの案内板”

マングローブカヌーの施設
“マングローブカヌーの施設”

ちゃんと安全の為のベストなども準備されていますし、お子様と一緒に夏休みに体験すると最高の思い出になるだろうと感じましたね。

 

また、こちらの写真も見てください。


マングローブカヌーの施設
“マングローブカヌーの施設”

施設に掲示されている参加者の写真なのですが、一番左側の写真では、力士の方達がカヌーを楽しんでいる様子です。
このことから、体の大きな方でもカヌーを楽しむことができることがわかりますよね。

また、カヌーを利用するとレストランでのお食事が割引になる案内も掲示されていますし、上手に活用すると良いでしょうね。

こちらがカヌーの乗船口となります。


カヌーの乗船口
“カヌーの乗船口”

これだけ整備されていると、カヌーに乗り込む際の不安もなくなりますよね。私も機会があれば、ぜひチャレンジしてみたいと思いました。

マングローブパークのホームページはこちらになります。

 

マングローブ展望台へ登ってきたぞ!

マングローブパーク内にある展望台ですが、展望台までは無料でいけるのですが、その道のりが100段以上の階段となっていまして、森林浴をしながらの散歩を楽しむことができました。

こちらが展望台への入り口となっています。


マングローブ展望台への入り口
“マングローブ展望台への入り口”

夏場の奄美ですからね。「ハブ」が怖いような感じもしますが、気をつけながら足を進めました。

それにしても、いかにも森林の中への散歩道って感じですよね。ここからてくてくと歩いていくと緑の美しい植物を眺めることができ楽しい散歩となりましたよ。


遊歩道で見かけた植物
“遊歩道で見かけた植物”

 

また、移動中には「ヘゴ」と「川」といういかにも亜熱帯地域だと感じる場所もありました。


マングローブ原生林でのヘゴと川
“マングローブ原生林でのヘゴと川”

そして足を進めること数分で展望台へ到着することができました。

その展望台からの景色がこちらとなります。


マングローブ展望台からの景色
“マングローブ展望台からの景色”

美しい自然の緑ですよね^^
そして、よーく見てみると川の付近では、カヌーの参加者達が、1箇所に集まって休息をとっているのも確認できます。

あのようにカヌーでの川下りを楽しんでいるんですね。
私もぜひぜひ挑戦してみたくなりましたよ。

本日のまとめ

本日、紹介した「マングローブ原生林」ですが、植物や自然が好きな方にはたまらない場所となっています。

また、マングローブパーク内には、研修施設や紹介したカヌーもありますし、子供たちを連れての観光にはうってつけの場所でしょうね。

都会では、経験できない素晴らしい体験ができること間違いなしの施設となっていました。

また、今回は、休業日ということで近くに隣接するマングローブ茶屋という施設もあります。このマングローブ茶屋では、原生林で育ったカニなどの料理も食べれるようですし、再度訪れて、食べてみたいと感じるポイントもありました。

奄美大島へ訪れる際は、ぜひ観光に寄ってみてはいかがでしょうか?

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~