【奄美大島旅行】へ行く前に現在のカメラセッティングをチェックです!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとし( @kedokumango )です。

さて、今度「奄美大島」へ2泊3日で旅行へ行ってきます。奄美大島といえば、マングローブなどの観光場所もあります。写真好きな私が、そんな奄美大島へ行くのにカメラを持たないはずがないですよね。
そこで、本日のブログは、私が奄美大島へ持ち出す機材についてのチェックを兼ねた紹介です。


 

 

カメラバッグは、ショルダータイプにします!

写真を撮ることを目的とすると、カメラバッグは、リュックサックのタイプかショルダータイプの2つに絞られると思いますが、今回は、街中でのスナップ写真などの速写性を重視したいという考えがありましたし、移動は、レンタカーを準備しているので、そう歩くこともないだろうと判断しましたので、ショルダータイプのカメラバックを準備しました。

今回、私が持ち出すのは、MacBookPro13インチも収納可能な「ビリンガム」の「ハドレープロ」というモデルです。


ビリンガムのハドレープロ
“ビリンガムのハドレープロ”

普段からオンオフ問わず、カメラを入れて持ち歩くお気に入りのカメラバッグです。ただし、収納力が足りないと感じる部分もありますので、その辺りは、使いやすいようにバック本体の両サイドにポーチを装着して使用しています。

片方には、スピードライト(ストロボ)を入れた、「ドンケ」の「F-901」というポーチです。


ドンケのポーチ
“ドンケのポーチ”

 

そして、反対側の方には、すぐに取り出したい小銭入れやカードケースなどの日用品を入れたダンプポーチを装着しています。


カメラバッグに取り付けているダンプポーチ
“カメラバッグに取り付けているダンプポーチ”

ダンプポーチというのは、入り口の部分がゴムで縛るタイプの口となっていますので、物をいれても簡単には外に出てきませんし、物を入れたいときも「グィ!」って押し込むとゴムが広がり中へ物を入れることが可能なので、とても便利なポーチとなっています。

ちなみに、このハドレープロなんですが、小さいバックのくせに、あの大型の「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2」という望遠レンズも入れることが可能です(若干、飛び出ますが蓋はしまります)。

こちらが蓋をオープンにした様子です。


ハドレープロに詰め込んだ機材
“ハドレープロに詰め込んだ機材”

本の数センチだけ、望遠レンズが飛び出る形になってしまいます。

今回は、「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2」を入れていますが、普段は、ここに筆箱などの仕事で使うものを入れたりしていますよ。

色違いの製品となりますが、こちらの製品となっています。

ビリンガムのハドレープロ

 

ドンケのポーチ

 

ダンプポーチ

 

カメラバックの中身

さて、今回の旅行に持ち出す機材なのですが、何が撮れるのか!?というのが本音です(笑)。
実は、野暮用ついでに車で流しながら、良い感じのものがあったら撮影しようぐらいに考えているので、「これを撮る!」っていう目的がないんですよね(時間があれば「滝」を撮りたいとは考えていますが)。

そこで、何でも撮れるようにレンズも広角域から望遠域まで、準備しました。

こちらがカメラバックの中身です。


持ち出すカメラ機材
“持ち出すカメラ機材”

カメラボディに「Nikon Df」、装着しているレンズが「Nikon AF-S Micro 60mm f/2.8G ED」です。

広角レンズとして「Nikon AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G ED」、望遠レンズに「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2」といった具合です。

このセットで、広角域から望遠域、マクロレンズによる接写までこなします。他には、ポケットに「Ricoh GR2」も入っていますので、スナップ写真対策もバッチリです。

他には、前方左側から、マルミのフィルターケース、クリーニングセット、スピードライト(ストロボ)、予備のバッテリーとSDカードなどを入れたポーチとなります。

ハドレープロは、これだけのカメラ機材とMacBookPro13インチ、そしてiPadAirまで収納可能なんです。

バッグが超絶重たくなりますが、これだけ入れても、中の物が取り出しやすい、「ビリンガム」の「ハドレープロ」は、お気に入りのバックと言えますね。

今回は、広角側のレンズに「18-35」のズームレンズを入れていますが、普段の日常生活でしたら、広角用に24mmか35mmの単焦点レンズを入れています。

 

本日のまとめ

写真好きだったら、こんなシチュエーションのシャッタチャンスがあるかも!と普段持ち出す、レンズが増えてしまうのではないでしょうか!?

私もそんな一人でして、色々考えながら、現在のセッティングに落ち着きました。

基本的に単焦点レンズが撮っていて楽しいと感じているで、普段は単焦点レンズが多くなってしまいますが、今回は、旅行ということでズームレンズも併用しています。

荷物が多くなれば、それだけフットワークも悪くなり、撮りたかった写真も疲れて撮れなかったということになりかねません。

そこで、持ち歩く機材は、厳選していきたいと考えていますよ。

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~