徳之島産【夜光貝アート】による『夜光貝ランプ』ができるまで!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとしです。

本日のブログは、毎月月末の恒例となっています徳之島産「夜光貝アート」のご紹介をさせて頂きます。

スポンサーリンク

約束どおりに完成したぞ!!

先月の夜光貝アートの紹介をした際に、来月には、完成させるということで、下書き中の作品を見せて貰うことができました。

その時の作品が、こちらとなっています。

夜光貝アート-スケッチ2

こちらを紹介したときの記事もあわせてご覧ください。

2015年12月の徳之島産「夜光貝アート」のご紹介

このときは、夜光貝の表面を処理したものに、サインペンでスケッチした段階のものでしたよね。

あれから、1ヶ月がたち、私もどのようになっているのか楽しみでしたが、きちんと完成していましたよ!

 

女性と薔薇が描かれた夜光貝ランプ

どのような作品になっているか楽しみにですよね。

それでは、いってみましょう!

まずは、貝全体の様子がわかるように、シャドウ部分もわかるように明るめに撮影してみました。

夜光貝アート-夜光貝ランプ-女性と薔薇-1

女性のやさしい顔のまわりに描かれた薔薇もしっかりと彫刻で表現されていますよね。

 

角度を変えて撮影したものを、もう1枚!

今度は、夜光貝ランプの暖かさを表現するためにアンダー気味に撮影したものです。

夜光貝アート-夜光貝ランプ-女性と薔薇-2

夜光貝の真珠層に浮かび上がった、グリーン系の色も美しいですよね。

 

今回の作品で注目したいのが、「女性のまつげ」です。

もう少し寄ったもので見てみましょう!

夜光貝アート-夜光貝ランプ-女性と薔薇-3

球体の夜光貝の表面に、彫刻でこれだけ繊細に「まつげ」を表現していますよね。

夜光貝の表面は、固い真珠層ですので、そこへルーターを用いて彫刻していくわけですが、球体にこれだけの細工を施すのは、相当な技術が必要なものとなっています。

今回の作品も「あっぱれ!!」でございます。

 

本日も作業風景を見学させて貰いました!

先月に引き続き、今回も作業風景を見学させて頂きました。

本業が美容師さんなので、今回もカットを行う鏡の前で作業がおこなわれていました。

夜光貝アート-夜光貝ランプ-製作風景-1

んん!?

今度の作品は、今までとは作風が違うようですね。

もう少し寄って、確認してみることにしましょう。

夜光貝アート-夜光貝ランプ-製作風景-2

これって、今、話題のあの人じゃないんですか??(笑)

確認したところ、やっぱりあの連日報道されている話題のグループメンバーのあの方です!!

さすがにこちらは、息子さんにも作風を見せたところ「俗っぽい」という返事があったそうで、彫刻は、施さないということでした・・・

 

本日のまとめ

本日の徳之島産「夜光貝アート」は、いかがだったでしょうか?

夜光貝というゴツゴツしたものを、真珠層まで磨きこみ、そしてこのように彫刻を施していくといのは、とてもとても大変な作業です。

正直言って、私も何度か夜光貝を磨いていますが、この方の作品を見てからは、意気消沈でありますよ。
今では、素敵なアートの世界を拝見させて頂いてただ満足するばかりです。

今回、撮影する際の反省点ですが、今回、撮影するまでは、かなり本気モードで、一脚も準備していました。

しかし、撮影する際に、興奮したのもあったと思いますし、直に自分の目で見たいという気持ちも強かったのかもしれません。

一脚を使用しながらも、写真がブレています(泣)

特に作業風景を撮影する際は、ランプという暗い環境から、少しばかり明るい環境になったので、油断もあって余計にブレていますね。

次回は、きちんとシャープな写真が撮れるように努力します。

まぁ、これで来月のヘアーカットで訪れるのが楽しみになりましたよ。

今回紹介した夜光貝アートについては、「モードヘアパンプキン」で見学することが出来ます。

モードヘアパンプキンの場所は、こちらです!

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~

スポンサーリンク