【望遠レンズ】「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2」がやってきた!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとし( @kedokumango )です。

ついに、あの憧れの「大三元レンズ」と呼ばれる「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2」がやってきました!

本日のブログでは、「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2」の購入に至った経緯や、開封直後に触れた感じの感想についてまとめてみたいと思います。


 

 

購入に至った経緯

前々から中望遠レンズが欲しいと感じていました。その理由については、下記記事にまとめていますので、ご参照下さい。

望遠ズームレンズで遊ぶ

今までの私は、1本も望遠レンズを所有していないわけではなくて、カメラ屋さんに譲って貰った、フィルムカメラのセット販売品として扱われていた「AF NIKKOR 80-200mm f/4.5-5.6D」を所有しておりました。

しかし、こちらのレンズは、ズームリングに引っ掛かりがある上に、カメラボディとの接点部分がプラスティック製となっており、いかんせん信頼のおけないレンズということもありましたし、望遠側で撮影した写真の解像が悪く、早い段階で、現代仕様の望遠ズームレンズが欲しいと感じていました。

今回、一番欲しかった焦点距離については、80-105mmぐらいの画角が欲しかったということもあって、当初は、Nikonの1.8Gシリーズの85mmというのも価格も抑えられていますし、軽量ですので、候補に挙がっていました。

しかし、こちらの85mm-1.8Gをカメラバッグに入れるとすると、標準域の単焦点レンズ、広角ズームレンズorマクロレンズは、常に入れておきたいというのもあって、85mm単焦点を入れた際には、望遠域をカバーするのには、やはり中望遠ズームレンズの方が、組み合わせ的には、便利だと感じました。

小三元シリーズと大三元シリーズでも悩みました。

やはり持ち歩く際の重量は、重要ですよね。そこで、軽量コンパクト設計である小三元の方へ、一度は心傾いたのですが、私は、「Nikon AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G ED」を購入して使用していますが、普段は、単焦点のf1.4からf2.0のレンズばかり使用している私にとって、f3.5スタートのこのレンズは、暗いと感じる場面が多々あり、今回は、望遠レンズは、重い物と割り切り、大三元レンズの「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2」を選択した次第です。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2が届いた!

早速、届いたAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2の外箱から紹介して見たいと思います。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2の外箱

第一印象ですが、とにかく大きい外箱でした。比較対象のものを入れれば良かったと後悔していますが、レンズ自体が20cm程あるレンズですので、外箱も当然大きくなりますよね。

今回のレンズは、人生初の「ナノクリスタルコート」でもありますし、本当に期待していますよ!

そして、外箱から取り出し、内容物を確認すると、レンズ本体、レンズバック、取扱説明書、保証書となっておりました。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2の内容物

レンズバッグが付属しているレンズの購入なんて初めてでしたので、レンズと並べて、ついつい撮影してしまいました。

このままだと、大きさがわかりづらいので、Nikon AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G EDとも並べて撮影してみました。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2とNikon AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G ED

Nikon AF-S 18-35mm f/3.5-4.5G EDについても単焦点レンズばかり使用している私にとって、大きなレンズだと感じていましたが、今回購入した、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2は、倍ぐらいの長さとなってしまいました。

予想していた大きさとはいえ、このレンズの重量感と大きさには、驚くものがありました。

早速、愛機である「Nikon Df」に装着してみました。

Nikon DfとAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2

デカイですよね!!

なんだか本当のカメラマンになったようで、気分は、ルンルンです♪

本日のまとめ

かなり大きなサイズとなっている「AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2」ですが、私が通勤にも使用しているカメラバッグにMacBookProとiPadAir、50mmの標準レンズ+ストロボまで、ギリギリに収めることができました。

そんなカメラバッグは、滅茶苦茶に重い!の一言なんですが、これで綺麗な写真が撮れるのなら重量なんて安いものです。

現在、通勤で使用している上記のものを詰め込んだ、カメラバッグはこちらです。

本格撮影のフル装備で、出掛けるなら、もうひと回り大きなカメラバッグが必要となりそうですが、私は、車での移動が多いですし、どうしても他の機材を持ち出したいときは、別のカメラバッグを、もう1個持ち出せば良いのかと考えています。

まだ、屋外での撮影テストを行なっていないので、使用レビューは、出来ませんが、1ヶ月程使用してみてから、レビューをしてみたいと思います。

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~