【鹿児島木市】鹿児島市で開催している「秋の木市」へ行ってきた!

ブログをご覧の皆様こんにちは!

管理人のとしです。

2015年10月15日から17日の日程で、鹿児島出張に行ってまいりましたが、空き時間を利用して、「鹿児島木市」を覗いてきましたので、その様子を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

鹿児島木市とは?

鹿児島木市とは、1年で春と秋に甲突川沿いで行われる「木市」でして、鹿児島の春と秋の風物詩とも言えると思います。

木市ということもあって、庭木、花木苗、鉢物、観葉植などが販売されており、その中でも私が、一番気になって見学するのが、果樹です。

私の農園で、育てている柑橘類とブルーベリーについては、こちらの「鹿児島木市」で購入したものとなっています。

尚、私のように旅行者でも購入した樹木は、宅急便で配送してもらえますので、安心して買い物をすることができます。

私は、何度か購入しているので、お店の人も住所を記録しておいてくれているので、スムーズに購入することができるのもありがたいことなのですが、「おばちゃん!元気だった〜?」なんて会話するのも楽しみとなっています。

鹿児島木市の様子

まずは、開催場所入り口の様子からどうぞ!

秋の木市の様子-1

今回の「秋の木市」の看板からわかるように今年の開催期間は、10月15日から11月15日となっていますね。このように1ヶ月間という期間で開催していることが多いです。

私は、10月29日から10月31日も鹿児島出張の予定がありますので、もう一度見学に行こうと考えていますよ。

これは、木市の始めと終盤では、おいてある果樹なども変化することがある為です。

それでは、もう1枚「木市」入り口での様子をどうぞ!

秋の木市の様子-2

大体、入り口のお店は、果樹であることが多いですね。春の木市では、柑橘系の樹は、果実がさがっているものはないですが、秋の木市では、収穫間近の果実がさがっている樹を購入することが出来ますので、それも魅力といえるかもしれませんね。

写真でわかるようにズラッとテントが並んでいますので、中の感じは、アーケードのようになっています。

鹿児島秋の木市の様子-3

花の苗などは、女性の方に人気があるようですね。お店の方に育て方を習ったりしながら、購入していましたよ。

テントが並んだ外がにも、お店は並んでいます。

鹿児島秋の木市-外側の列の様子

テントの外側の列では、庭木や盆栽が多い感じでしたね。私も本当は、「五葉松」が欲しいのですが、「五葉松」は、徳之島での暑さに耐えることが出来ずに枯れることが多いので、今回も購入は、見送りました。

こちらの写真を見たら何を想像できるでしょうか?

甲突川沿いの桜並木

桜が並んでいますよね。鹿児島木市が開催されるのが「春」と「秋」となっています。そう、春の木市が開催されるのが4月なので、桜が満開の時に「春の木市」が開催されるのです。

私は、その「春の木市」での桜が散り、遊歩道を真っ白に染めている中で、樹達を見るのも好きですね。

本日のまとめ

鹿児島木市が開催されている場所について、わかりやすいように「GoogleMap」で紹介したいと思います。

赤のポイントをつけている場所が、開催地となっていますよ。

鹿児島木市が開催されている時に、都合よく鹿児島市を訪れるようなことがある方は、一度訪れてみていかがでしょうか?

お気に入りの観葉植物等を見つけるチャンスかもしれませんよ!

また、お庭でガーデニングを楽しんでいる方も、草花の苗も販売していますし、見学してみると良いでしょうね。

春と秋の年2回の開催となっていますが、旅行の日程と合えば、近くに「大久保利通」の銅像などもありますし、良い観光スポットになるのではないでしょうか!?

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~

スポンサーリンク