Ricoh GR2の購入から1ヶ月たって感じたこと!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとし( @kedokumango )です。

さて、私が「Ricoh GR2」を購入したのが2015年9月15日で1ヶ月が経過しました。


そこで、本日のブログは、メイン機材として、私の力量には、勿体無い程のデジイチ「Nikon Df」を使用している私が、なぜに「Ricoh GR2」を手にしたのか?また、良かったと感じている事を綴っておきたいと思います。

スポンサーリンク

購入に至った経緯

私が、写真で好きなジャンルとして挙げるならば、風景写真と街並みのスナップ写真です。

ここで、「Ricoh GR2で正解だったね!」って感じる方は、「Ricoh GR2」の魅力をご存知の方達ではないでしょうか。
そうRicoh GR2には、「最強のスナップシューター」という呼ばれ方もあるぐらいなんですよね。

そんな、Ricoh GR2が普段から気になる存在であったにも関わらず、Nikon Dfには、通常から35mmの単焦点レンズを装着して愛用していましたし、どうしても画角が被るとか、購入に至らないような考え方をするようにして我慢していたところがあったのです。

しかし、やはり気になる存在だったのは、違いなくて、時折、Nikon Dfのボディがもっと小さければとか、もっと軽くて、ポケットからサッと取り出して撮影できたらなんて考えると、やはり「Ricoh GR2ほしい〜」って気持ちにもなっていたのです。

そんな時にNikon Dfにローパスセンサーにゴミが付いてしまって取れないというトラブルが発生してしまい、ついには、Nikon Dfをニコンサポートへ送るという事態が発生してしまいました。

そこで、写真好きで毎日カメラを持ち歩く私にとって、お気に入りのカメラが手元にないというのは、贅沢な気もしましたが、どうしても耐えられなくてですね、予備のカメラとしてだったら、画角が被っても良いという考えも湧きだしてしまい、ついつい購入してしまったわけであります。

「Ricoh GR2」を購入して気に入った点

  1. 写りが良い!

    Ricoh GR2をコンデジだと思ってなめてたらいけません。最初にパチリとオートで撮影したのもを、パソコンで確認したら、通常、フルサイズのカメラを使用している私ですが、これは綺麗だ!と感じた程です。

    Ricoh GR2で撮影した造花

    街を散策中に、ダイソーの造花でもこんなふうに撮影することが出来ます。
     

  2. 軽量である!

    現在使用しているNikon Dfもフルサイズのカメラとしては、小型な方ですが、やっぱりコンデジには、ボディの大きさでは負けますね。このボディでしたら、ジャケットのポケットに入れて待ちを散策するなんてことも可能ですし、重量が300g未満ということは、レンズ1本よりも軽い計算です。そんな訳で、私のカメラバックからは、現在広角レンズが外されてしまいました。

  3. 単焦点で潔い!

    未熟な私は、下手にズームとかあると撮影する時に構図で悩みが生じてしまいます。単焦点レンズで1歩前に出て撮影する。これが私の好きなスタイルでして、足をズームにこれからもやっていければと考えています。

  4. 見た目的にもカッコイイ!

    これって長く使っていくと考えて重要だと思うのですが、私的には、このシンプルな見た目が好みです。レンズフードを付けてフィルターなんかつけた姿は、たまりません!

    GR2+フィルター-2

とりあえず、上記に書きだしてみましたが、他にも「起動が早い」「APS-Cである」「シャッタースピードのコントロールも任意で調整できる」「操作性が良い」等、気に入っている点があります。

まだまだ、使い込んでいけば、ここがというところも出てくるかもしれませんが、私の中では、現在のところ大きな不満はありません。

それよりも、コンパクトさのおかげも手伝って、より一層星景写真を取るのが楽しくなってきました。これから、Ricoh GR2の特性を引き出せるように努力して、星景写真も勉強していきたい思います。

ソフトフィルターを用いた星空-3

コンデジで撮る星景写真-3

現在のRicoh GR2の位置付け

当初、サブカメラという位置付けで、購入したRicoh GR2ですが、現在は、Nikon DfとRicoh GR2を2台持ち歩くようになり、ほぼ100%の割合で最初に構えるカメラとなってしまいました。

それぐらいに気に入っているカメラです。それにその軽量さゆえに上記でも触れましたが、デジイチの広角レンズを外して、Ricoh GR2を持ち歩いています。それと、デジイチもエースレンズであった35mm単焦点レンズから50mm単焦点レンズへと移行しました。

これは、Ricoh GR2を使い始めてから、カメラのクロップモードを使うようになり、日常の撮影では、28mmと35mmの画角は、Ricoh GR2に任せて良いと感じた為です。

よって、カメラバックの中ですが、Ricoh GR2、Nikon Df+50mm単焦点レンズ、80-200のズームレンズ、スピードライトSB-700という組み合わせになっています。

完全にサブという位置付けから外れて、常用カメラという位置付けになってきています。

こうやって改めて考えても、本当に購入して良かったと思えるカメラです。

私が使用している「RicohGR2」の魅力については、こちらの記事でも紹介しています。あわせてご覧ください。

 

 

 

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~

スポンサーリンク