マクロレンズでコスモスを撮影したよ!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとし( @kedokumango )です。

2015年9月3日のブログでコスモスの花の撮影が上手くいかなかったということを書きましたが、再チャレンジも含めて、「マクロレンズ」で撮影してみました。


 

 

マクロレンズで撮影したコスモス

今回は、マクロレンズで撮影するにあたり、一脚とスピードライトも併用しました。
私が使用するマクロレンズは、105mmの単焦点レンズとなるのですが、古いマニュアルフォーカスオンリーな上に中望遠ということで、一脚も使用した次第です。

スピードライトについてもシャッタースピードを稼ぎたかったのが一番の理由ですが、夕方の撮影だったので、強い夕陽による日射しから発生する影を抑制したかったというのもあります。

それでは、早速撮影したものの紹介といきたいと思います。

撮影設定:ISO200、焦点距離105mm、f4.0、SS1/125、スピードライト使用

コスモスの花-1

花びらの筋まで写しこむことが出来て満足した仕上りとなりました。もう少しf値を絞り込めば花全体をぼかすことなく撮影できたと思うのですが、今回は、「ほんわかしたコスモス」が目標でしたので、これもアリかと考えています。

次に撮影したものは、同じコスモスの花ですが、一輪の花にクローズアップするように撮影してみました。

撮影設定:ISO200、焦点距離105mm、f4.0、SS1/125、スピードライト使用

コスモスの花-2

105mmマクロレンズのf4.0での撮影ですので、完全に背景が消えてくれましたね。これで花が一輪浮かび上がったように撮影することができました。こちらの写真ももっとf値を絞り込めば花全体にピントを合わせることが可能だったのでしょうが、ごちゃごちゃした背景を消し去るのも目的だったので、目標はクリアできたと思います。

尚、私は、通常、花等の植物を撮影する時は、ハッキリとした色合いを好むためホワイトバランスの設定を「曇天」or「日陰」を選択することが多いのですが、今回は、スピードライトを使用しているということもあり、「フラッシュ」のモードで撮影しました。この「フラッシュ」の設定ですが、私の中では、素直な色表現となるのかと感じています。

今回、撮影で使用したレンズと一脚とスピードライトは、こちら!

今回の反省点

私の撮影する時の目標が、1つの被写体で3パターンを撮影するということなんです。これは、自分なりの撮影の懐を深くしたいという気持ちもありまして、ホワイトバランスを変更したパターン、f値の違い、シャッタースピードによる違いと色々なパターンで撮影したいと目標にしています。

しかし、このところの私ですが、撮影時にその目標のことを忘れてしまってワンパターンしか撮影しないことが多くなってしまっています。これでは、写真の上達は望めませんよね(汗)

普段から意識して、数種類のパターンで撮影するように心掛けたいものであります。そうすれば私の撮影スタイルも自ずとキャパが広がっていくのだと考えておりますよ。

本日のブログは、ここまで!
それでは、また明日~