『ニコレット』による【禁煙】開始から10日間が経過しました!

ブログをご覧の皆様こんにちは!
管理人のとし( @kedokumango )です。

6月11日から「禁煙補助ガム」の「ニコレット」を使用して禁煙を開始しましたが、ようやく10日間の乗り越えることが出来ました。
この禁煙開始から10日間について振り返ってみたいと思います。

スポンサーリンク

禁煙開始から10日が経過しました!

禁煙開始から最初の3日間は、辛いというのがわかっていましたから、意識的に「ニコレット」を摂ることにより「タバコを吸いたい」という気持ちを抑えてきました。

当ブログでは、禁煙開始から5日目に禁煙を開始した旨の記事を公開しておりますが、やはり禁煙する際には、「禁煙を宣言する」ということは重要なのだと、その時に強く感じました。

だってブログで、「禁煙宣言」しちゃってから、簡単にタバコを吸うわけにはいきませんからね^^

ある意味、禁煙開始からの10日間を乗り切ったのは、この「禁煙宣言」が大きかったのかもしれません。

禁煙を開始した時のことについては、こちらの記事で紹介しています。

 

禁煙開始から10日で変化したこと

禁煙開始から10日間でそう大きく変化することはないのですが、変化を感じられることとして、週に2~3回の頻度でおこなっているランニングでの息のあがり方が少し変わってきたように感じています。

私のランニングというのは、「スロージョギング」でして、ゆっくりと走るものですが、このときのランニング中の息が、楽になったと感じています。

このまま「禁煙」を続けていくとランニングのタイムも向上していくのではないかと思っていますよ^^

スロージョギングについては、こちらの記事で紹介しています。

 

本日のまとめ

まだまだ禁煙開始から10日ということで、体に対する大きな変化はないのですが、私の体が少しずつ健康になっていくと願っています。

しかしですね、「ニコレット」を噛んでいるから体内から「ニコチン」は完全に抜けていないのですが、時折ひどく体の怠さを感じることがあります。

これが少しずつ体から「ニコチン」が抜けている状態なのだと苦しいながらに喜んでいる自分自身がいます。

私が、禁煙に用いている「ニコレット」とは、こういった製品となっています。

本日のブログは、ここまで!

それでは、また明日~

スポンサーリンク