6月16日 マンゴーの害虫「チャノホコリダニ」「マンゴーサビダニ」編

本日は、マンゴーの害虫「チャノホコリダニ」「マンゴーサビダニ」についてまとめたいと思います。

こちらも、注意深く園内を観察していれば、早期に発見することが出来ますので、早期防除対策をおこないたいものでありますね。

今回も「鹿児島県農業普及課」から頂きました資料を参考としております。

スポンサーリンク

「チャノホコリダニ」「マンゴーサビダニ」

1 被害の様子及び生態

  1. 新梢伸長時を中心とするが、果実に発生すると商品価値を著しく低下させる。
     
  2. 若葉の被害(スリップスと類似)が主であり、葉のロールと葉裏の黒褐色小斑点が特徴的である。
     
  3. 成長は、体長約0.2mm、淡黄色〜乳白色で長楕円型で肉眼では、見えない。
     

2 防除方法

「耕種的防除方法」

  1. 目に見えない虫であるため、過去に発生が見られた圃場では、発生時期に注意する。
     

「薬剤防除方法」

  1. 発生後の防除
防除時期
農薬名
希釈倍率
使用回数時期
スワルスキーへの影響
発生
初期
サンマイト水和剤 1,000〜1,500 年2回 収穫30日前 × 30日以上

注)同時防除が期待できる剤

適用病害虫
農薬名
希釈倍率
使用回数時期
スワルスキーへの影響
マンゴーハダニ カネマイトフロアブル 1,000 年1回 収穫7日前
マンゴーハダニ ピラニカ水和剤 1,000 年1回 収穫14日前 × 30日以上
チャノキイロアザミウマ スワルスキーカブリダニ 1〜4パック/樹

※注)ピラニカ水和剤は、サンマイト水和剤と交差抵抗性

 

 
目に見えない害虫を発見する際には、ルーペが役立ちます。

私は、こういったものをポケットに常に入れておいて、園内の見回りをするようにしていますよ。

 
本日のブログは、ここまで!
それでは、また明日~

スポンサーリンク